洗顔が美人作りの基本です

スキンケアもエイジングケアも洗顔から

小じわや緩みを防止するには毎日の丁寧な洗顔が肝心です

日頃から、エイジングケアを丁寧に行っていくことで、しわやタルミのない若々しい皮膚を保つことができます。タルミや、皴の目立ちにくい肌をめざすには、美容にいい食品を積極的に毎日の食事に盛込んだり、肌のアロママッサージをする事が効果的です。

季節の移り変わりによって近紫外線の強さは変化しますが、1年を通して毎日日焼け対策をするのがエイジング対策に効果的だと言われるようになりました。直射日光で皮ふを焼くことは、昔はある程度は健康的でいいと言われていたのですが、最近ではUVは皮膚を損ねてシミやしわの原因になるものとされています。

強い紫外線を受けた皮ふは細胞組織が傷つき、肌を傷め、ガンや光老化を招くので、避けた方が良いといいます。肌に強烈な紫外線を受けると、それによってソバカスが出来てしまったり、乾燥により皮ふの水分が急激に失われてしまいます。

肌ケアによって、皮膚からなくなっていく水分を肌に充分に補給する事によって、強烈な紫外線からの影響を最小限度に抑える事が可能になります。クレンジングフォームを使って顔を洗うときには、毛穴の汚れが浮き上がってくるように、肌にやさしくクレンジングフォームの泡を乗せていきます。

メイクを洗い流した後の洗顔も、ホイップ状にした泡を顏にそっと乗せ、強く擦ることのないように、泡を滑らせる様に顔を撫でながら洗っていきます。30度程度のお湯でフェイスを濯ぐ事も、洗顔では大事な点です。熱めのお湯で顔を洗うと、肌のバリア機能を担っている油分まで洗い落としてしまうので気を付けなければなりません。

メイク落としと泡洗顔が終わって、皮膚がある程度濡れた状態のうちに一般肌用化粧水をたっぷり使用してお肌に馴染むようにハンドプレスで浸透させた後に、乳液で蓋をします。

UVの影響で乾燥に悩むお膚でも、ただしい洗顔と保湿を行うことで、皮ふに欠かせないうるおいを補ってあげることができるのです。

   

 - アンチエイジング