洗顔が美人作りの基本です

スキンケアもエイジングケアも洗顔から

化粧水の成分として人気のコラーゲンとヒアルロン酸

化粧水には様々な美容成分が含まれていますが、中でもコラーゲンとヒアルロン酸は人気です。

最近は、コラーゲンを皮膚の外側からつけたとしても、奥にまで入っていかないので、ほとんど意味のない行為であるという言われ方もしています。コラーゲンは、お肌に塗っても内部まで入り込んでいくには一つ一つが大きすぎて、美容という観点でいえば無意味だという人もいます。

近年では、この問題を解決するために、低分子のコラーゲンが開発されており、皮膚へと浸透しやすくなってきています。化粧水を選ぶ時には、コラーゲンの種類について確認してから購入するようにしましょう。

コラーゲンが化粧水に配合されている場合、弾力やハリのある肌になるためというより、保湿効果を向上するためな使われることが多いと言われています。コラーゲンを皮膚の外部からつけることでハリのある状態にすることは困難ですが、コラーゲン入りの化粧水は水分を蒸発しづらくする性質を持っています。

ヒアルロン酸を含む化粧水も多いですが、ヒアルロン酸は保湿効果をもたらす前に肌から蒸発してしまいます。毛穴から水分が逃げていかないようにすることが、肌を乾燥させず、補給した水分の効果を生かすためには必要になります。お肌から水分が逃げ出さないようにするには、コラーゲンを使うことも重要です。

化粧水にも多く使われている事で人気のコラーゲンとヒアルロン酸ですが、選ぶ時にはそれぞれの特徴を役目を理解しておく必要があります。ヒアルロン酸とコラーゲンのそれぞれの違いを認識した上でスキンケアに活用することで、お肌の状態に合わせた化粧水選びがしやすくなります。

   

 - アンチエイジング