洗顔が美人作りの基本です

スキンケアもエイジングケアも洗顔から

乾燥小皺や緩みが出来る主な原因と予防ケアについてどのようなものがあるでしょうか

年齢を重ねても若々しいままのSKINでいたいと言う人は、染みや弛みを減らす為の肌ケアが肝心です。

洗面所で鏡を見た時、皺や弛みが増えているということにふと気がつく時があります。若かりし頃の顏立ちと今を比べると、シミや弛みが増えた分、齢を取って見られる事が多くなったと感じる人も多いのではないでしょうか。

人前に出る際に、目元や顔は先ず真っ先に見られるところですが、目蓋が垂れて、目元がへこんでいると、実年齢より老けて見られるかもしれません。実年齢よりも年老いた顏立ちに見られてしまう原因として、顔周りがたるみのせいで丸みを帯びて見えることが考えられます。

自身の年齢より齢を取った印象に見える要因の一つに、目尻や口元に乾燥皺ができることで、緩みが目立つことにあります。紫外線を長期に渡って浴び続けていたり、普段食べている物の好みが偏りがちだと、皮膚の弾力が減ってしまう事がある訳です。

強い日の光に皮膚が晒されたとき、肌は損傷を受けて、ヒアルロナン(hyaluronan)や体の水分を真皮組織の中に閉じこめておけなくなり、乾燥してしまう事によってハリが失われてしまうのです。

頭頂部からフェイスへとつながっている皮ふの血液の流れを回り易くする為に、マッサージなどで血の廻りを良くし、皮膚の状態を本来の健康な状態に戻していくという方法も効果的です。

眼もと、口の周り、ひたい、みけんetc、ひとりひとりの顏の中でもしわが刻まれやすいところはそれぞれあります。骨格構造の成りたちや、生活パターン、顏のくせなどによって、豊齢線に皴ができたり、縮緬皺が出来たりします。

皮膚にできた皺や緩みを解消していくには、内的ストレスを発散することや、なるべくバランスのとれた食生活をこころがけること、洗顔やフェイスケアを丁寧におこなうことがカギになります。

   

 - アンチエイジング