洗顔が美人作りの基本です

スキンケアもエイジングケアも洗顔から

シワや緩みは齢を重ねたことだけが理由ではない

お肌のしわやタルミに警戒はしているものの、未だ先の事だし、歳取った時に考えればいいやと楽観視しているという人も少なくないようです。若い時から毎日のシワ対策をしっかりしていく事によって、将来的な肝斑や緩み防止になります。

加齢以外にも、肌を老化させる要因は思いのほかたくさんあります。女性特有の体のストレスや、直射日光の作用、皮ふの乾燥、不適切な美容法などです。加齢は止める事はできませんが、日々のお手入と心掛けでしわや弛みの無い若々しい肌を作る事はだれでも可能なことです。

一度出来てしまった小皺やたるみは、どういったことが引き金で出来たものなのかを知っていくことで、スキンケアの方法が異なってきます。

目元や、唇まわりにきざまれる皺や、表情の変化によって皮ふに癖が付いてしまった表皮じわ、皮ふの水分保持機能が失われてしまい重力に引かれできた緩み等もあります。

細かい表皮ジワが出来る所には、皮ふの保水ケアが大事です。真皮じわについては、目立ちやすい箇所により丁寧なケアを行うといいでしょう。保湿機能があるヒアルロン酸や、肌のハリやツヤを保つコラーゲン(Kollagen)等は、年を共に減っていきますが、疲労やUVのダメージも受ける合成物です。

口輪筋の動きが皮膚のたるみに関係するとき、顔ヨガが改善策として用いられます。しかし、角質層真皮層の劣化は修復がし難いとされ、20歳代の時には豊富にあった保水力、ハリが失われてしまい、やがて重力に引っ張られて皮膚が下がってタルミになってしまうのです。

外食中心の食生活を続けていたり、陽の光を外仕事で浴びる機会が多くあるような多い方は、角層の弾性が低下して垂れ下がりやすくなるので早めの対策が必要です。

出かけるときには、季節を通じて日焼け対策をして、必要以上にストレスを溜めこまないライフスタイルを送っていくことが小皺や弛み防止になります。

   

 - アンチエイジング